不眠症に効くサプリランキング!

夜、なかなか寝付けない、せっかく眠りについてもすぐに起きてしまう、だから朝から何だか疲れている、そんな人が最近増えています。

 

原因は、夜に十分眠れていないこと。ただ、自分で何とかしようと思っても、頑張れば頑張るほど眠れないということにもなりがち。そんなときは、ゆっくり休息できるために応援してくれるサプリメントを試してみませんか?当サイトは夜ぐっすりするためのサプリメントを人気ランキング形式で紹介します。自分にピッタリのサプリメントと出会えればきっと今まで以上に毎日が充実しますよ。

 

ルナハーブの特徴

よく眠れない原因を脳内物質のセロトニンにあると見たルナハーブは、天然成分のバコナイズを多く含むハーブ「バコパ・モンニエリ」に着目しました。バコナイズ中のバコパ・サポニンがセロトニンを助ける働きをすることが研究でわかっており、バコナイズの他に南アフリカのゼンブリンや中国のラフマ、ヨーロッパのバレリアンと複数の休息サポートハーブを配合したのです。ギャバやノニ、クワンソウといったリラックス成分を含む植物類が配合されて力強い休息サプリメントです。約30日分が通常は5980円のところ、毎月お届けのとくとくプランなら初回は送料500円のみで届けてもらえます。

価格 実質0円
評価 評価5
備考 初回送料代のみ

 

潤睡ハーブの特徴

潤睡ハーブは、かつてないほどぐっすり休ませてくれるハーブ由来のサプリメントです。必須アミノ酸不足がゆっくり休めない原因ではないかと見た潤睡ハーブは、アミノ酸同士が助け合って働くことを重視して全種類の必須アミノ酸を詰め込んだクロレラを配合。イライラしないための醗酵ギャバやギャバと相性のいいラフマエキス、沖縄のクワンソウを配合し、冷えずにぐっするするために金時しょうがも加えています。約1ヶ月分が通常5980円のところ、毎月お届けコースは初回1980円で10日間安心返金保証制度があります。

価格 1980円
評価 評価4
備考 10日間返金保証付

 

ネムリスの特徴

毎日良質な眠りを得るために、ネムリスが配合したのは特許成分のラフマ抽出物です。リラックス成分を含むラフマ葉エキスの他、グリシンやギャバ酵素、セロトニンの材料であるトリプトファン、テアニンクワンソウ、月見草、メリッサエキスやビタミン類を加えたのがネムリスです。筑波大学教授により、ネムリスを飲んで寝たときの脳波はリラックス状態になることが確認されています。30日分が通常7000円のところ初回は5670円の割引価格となります。お試し10日分も1890円と割引価格になっています。

価格 1890円
評価 評価4
備考 グリシン・トリプトファン配合!

 

不眠症とは?

 

睡眠に問題を抱えているという人はいないでしょうか。あまりひどいようですと、不眠症を引き起こしている可能性があります。

 

ここでは不眠症とはなにかを解説していますので、参考にしてみて自分が当てはまっていないかどうかチェックしてみてください。

 

不眠症ってなに?

 

不眠症とは、1ヶ月以上の期間にわたり睡眠トラブル(入眠障害、熟眠障害、早朝覚醒、中途覚醒)が継続している状態をいいます。

 

さらに、こうした睡眠トラブルを抱えている以外に、昼間活動している時間帯でだるい、意欲がわかない、集中力が持続しない、食欲がわかないといった症状が引き起こされていれば、不眠症であるといえます。

 

症状にもあるとおり、日常生活に支障をきたしてしまいますので、ひとたび不眠症になると非常に苦しい思いをする人も少なくありません。

 

どうしてなるの?

 

原因はさまざまなものが考えられますが、ストレスを溜め込んでいる人はなりやすいのが特徴です。そのほか、身体的・精神的な疾患が原因で不眠症になる人もいれば、服用している薬の副作用により不眠症の症状に悩まされている人も多数います。

 

不眠の状態になっていると眠ることに対し固執したり、また眠れなくなるのではといった緊張感から、余計に眠れなくなるという負のサイクルに陥りやすくなってしまうのです。

 

相談先はどこ?

 

市販薬を試すなど自己解決をしようとしている人も多数いますが、解決しない場合には専門医のもとを訪れましょう。睡眠薬による治療など、適切な対処方法を選択してくれます。

 

不眠症を招く原因と環境

 

よく眠れるかどうかというのは、実のところ環境にも左右されます。眠るための環境が悪い場合には、長期にわたり睡眠トラブルが継続する原因となってしまい、そのまま不眠症へと発展してしまうことにつながりかねません。ここでは、不眠症の原因となる環境に迫ってみたいと思います。

 

 

自分にとって心地いい音というのは安眠に効果的ですが、不快な音というのは逆に睡眠を妨げる原因となってしまいます。

 

全ての人が不快に感じるわけではありませんが、電車の音、近隣住民が騒ぐ声、赤ちゃんの泣き声などが気になり、ストレスに感じて眠れなくなってしまう人が少なくありません。

 

 

薄暗い光であれば睡眠へと誘ってくれる効果が期待できますが、強い光というのは睡眠を阻害する要因となります。

 

とりわけ、就寝間際までテレビをみていたり、インターネットやデスクワークでパソコンのモニタを注視していたり、スマートフォンやタブレットを操作していた場合には、寝付きが悪くなってしまうでしょう。また、眠る直前までゲームをしている場合にも、なかなか寝付けないといったトラブルを招きやすくなってしまいます。

 

寝室

 

寝室の環境というのは、安眠・快眠を得られるかどうかに大きく関係しています。前述した光のほか、温度や室温がちょうどよくないと、睡眠が妨げられてしまうことになりかねません。また、使用している寝具が自分の体に合っていない場合にも、眠りが阻害されてしまう可能性が高いです。

 

不眠症対策に睡眠薬は避けるべき?

 

現代人に増えてきている、睡眠障害やうつ病。特に不眠症は他の病気に関係したり、若い人でもなりやすいことから、注意が必要です。不眠症だと診断されると、医師から睡眠薬を処方されることもあります。しかし、睡眠薬には副作用が出るリスクもあり、日常的に用いるとかえって体調が悪くなってしまう人もいます。

 

個人差はありますが、例えば目覚めが悪い、昼間になってもぼんやりしてしまう、めまいや脱力感、頭痛や倦怠感などの症状が、睡眠薬の副作用として代表的です。こうした副作用は、睡眠薬の効果が長く続いたり、筋肉が弛緩することによって起こるといいます。

 

薬の量を少なくする、効果時間の短い睡眠薬を処方してもらうなどの対策法もありますが、なかなか上手く調節するのも難しいでしょう。睡眠薬を常用することで、体内の臓器に負担をかけてしまう可能性もあります。

 

例えば肝臓は薬の解毒を行っていますが、睡眠薬を毎日飲んでいる人は、飲んでいない人よりも肝臓の働きが増えてしまいます。安易に睡眠薬に頼るのではなく、生活習慣の改善や食生活を見直すなども大切なことです。

 

不眠症は薬に頼らず生活習慣の改善から

 

睡眠薬に頼らず、食生活や生活習慣を改善することで不眠症対策をすることも可能です。不眠症ではなくとも、食生活や生活習慣を正すことは基本中の基本。

 

他の病気を予防したり、美容にも役立つことから、生活習慣の見直しをおすすめします。食生活の改善を難しく感じる人もいますが、まずはできることから始めてみれば、徐々に食生活が整ってくるものです。

 

食事を規則正しい時間に食べるようにしたり、食べ過ぎないように腹八分目にすることも改善方法の一つ。
栄養バランスに気を付けようとすると大変に感じてしまいがちですが、毎食野菜を食べるようにして、糖分や脂肪分を摂り過ぎないようにするだけでも体は変わってきます。

 

食生活の改善と共に始めたいのは、運動です。ハードな運動をする必要はないので、なるべく毎日続けられるような体操やウォーキングなどをしてみてはいかがでしょうか。

 

毎日電車やバスに乗る人なら、思い切って1駅分歩いてみるとか、今までエレベーターやエスカレーターを利用していたところを階段で上り下りしてみるのも運動になります。

 

いつも夜遅くまで起きていた人は、0時になったら寝る習慣をつけるというのも生活習慣の改善になります。こうしたことを1つずつ始めてみると、次第に体が楽になってくるのがわかりますよ。そして、規則正しい生活をしていると、疲れたり暗くなると自然に眠くなる習慣がついてきます。

 

不眠症解消サポートに良いサプリは?

 

不眠症の解消には、サプリメントを摂取してみる対策法もあります。お茶に含まれる旨味成分であるテアニンは、リラックス効果をもたらしてくれるアミノ酸の一種です。

 

特に緑茶に多いといわれますが、お茶にはカフェインも含まれていることが多いもの。寝る前に飲むとかえって寝付けなくなってしまう可能性もあるため、ノンカフェインのお茶を選んだほうがよいかもしれません。

 

グリシンもアミノ酸の一種で、体内でも生成されています。コラーゲンに多く含まれていたり、神経伝達物質として、また呼吸するためにもグリシンが必要なのです。グリシンには睡眠の質を高める働きがあるといい、最近ではグリシンを配合した睡眠対策サプリメントも出ています。

 

トリプトファンもアミノ酸の一種で、大豆や牛乳などにも多く含まれています。トリプトファンは幸せホルモンと呼ばれるセロトニンを作るのに必要なアミノ酸で、精神を安定させたり不眠の改善にも役立つといわれています。

更新履歴