漢方薬で不眠症対策

しばらく眠れない状態が継続しており、もしかしたら不眠症かも?と思っている人は、なにか対策をしたほうがいいでしょう。

 

心療内科や精神科、睡眠外来といった具合に病院にいくのが望ましいのですが、なかなか時間がとれないような場合、漢方薬を試してみてはいかがでしょうか。

 

ここでは、不眠症対策として使える漢方薬の種類や魅力・メリットについて取り上げていますので、興味のある人は一読してみてください。

 

どういう種類があるの?

 

漢方薬は自分がどういう睡眠の問題を抱えているのか、どういうカラダの状態なのかによって、適切な種類というのは変わるものなのです。

 

たとえば、寝付きが悪い場合には抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)や酸棗仁湯(さんそうにんとう)が使用されることが多いでしょう。

 

抑肝散加陳皮半夏は胃が虚弱であり、神経が高ぶり興奮がおさまらない場合に、酸棗仁湯は胃腸虚弱で過労で睡眠に就けない場合に選択されます。

 

また、中途覚醒や早朝覚醒があるという人に対しては、加味帰脾湯(かみきひとう)、柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)が用いられることが多いです。

 

前者の漢方薬は胃腸が比較的弱く、血の巡りも悪く体質的にも弱い人に、後者の漢方薬は体力自体は比較的あるけれど、不安や焦燥感に駆られたり、緊張が解けない人に使用されるのが特徴です。

 

漢方薬の魅力・メリットは?

 

漢方薬は西洋薬と比較した場合、副作用があまりないのがメリットの一つとして挙げられます。また、西洋薬のように薬が強くなく、ゆっくりと自然に変化していくことも魅力といえるでしょう。