不眠症と市販薬

よく眠れないことで悩んでいる人の対策の一つとして、市販薬の使用を挙げることができます。

 

比較的手頃な価格で入手することが可能であり、いまはインターネットの通信販売でも購入することが可能となっているのです。なお、実店舗にいく場合には、近所のドラッグストアなどにいけば売っているでしょう。

 

ここでは、不眠症の対策として市販薬を使用することのメリット・デメリットを挙げますので、頼ってみようと思っている人は参考にしてみてください。

 

市販薬のメリット

 

市販薬は価格が安く手に入れやすいというのがまずメリットの一つとして挙げられます。服用することで眠気が出てきて、スムーズな眠りのサポートになります。

 

ひとまず眠りたいという場合には、使ってみる価値は十分にあるといえるでしょう。

 

市販薬のデメリット

 

市販薬のデメリットは副作用の心配があること、薬が効かない可能性があることです。また、眠れないからと用法・用量を守らないと健康を害することになりますので、絶対にしてはいけません。

 

そのほか、市販薬は一時的な効果しか得られないのが特徴です。不眠症になっている場合には、市販薬が根本的な改善に役立つことはありませんので、くれぐれも注意しましょう。

 

市販薬をやめるタイミング

 

はじめは市販薬を使用して様子をみていてもいいのですが、眠れない状態が長期に続いており、さらに日中に体や心の調子がおかしくなるという場合には、病院にいく必要があるでしょう。

 

不眠症の疑いがありますので、病院で適切な治療を受けることが大切です。