不眠症の原因・ストレス

どうして不眠症になってしまうのか、原因を知りたいと思っている人は多いでしょう。不眠症の原因は多岐にわたり、原因に応じていかに対処すべきかが異なります。

 

主な不眠症の原因としてはストレスを挙げることができますが、どうしてストレスにより不眠症が起こってしまうのか、ここで説明していくことにします。

 

ストレスが不眠症を起こす理由

 

プレッシャーのかかる仕事などを抱えていたり、家庭のトラブルがあったりといった具合に、ストレスフルな環境に身を置いていると、心身共に絶えず緊張している状態が続きます。

 

頭のなかは常にそういったことでいっぱいになり、緊張がやわらがないため、睡眠を阻害することになってしまうのです。

 

ストレスによる不眠症は真面目な人や神経質な人に起こりやすいため、注意しなくてはいけません。

 

ストレスを発散しよう

 

体を動かしたり、趣味に熱中したり、リラックスできる時間を設けるなどすると、ストレス解消に役立ちます。眠りに就く際には睡眠のことや抱えている問題のことを考えないようにすることも大切です。

 

ストレスが原因の不眠症か見極める術

 

ストレスを溜め込んでいることが原因で不眠症になっているかどうかは、単純に睡眠時間が短かったり、夜中に何度も目が覚める、朝早く起きてしまう、すぐ寝付けないといったことだけで判断できません。

 

日中活動している時間帯に心身の不調を自覚している場合には、ストレスが原因で不眠症になっている可能性が高く、専門医のもとへ足を運んでみたほうがいいということになるでしょう。