不眠症に効くツボ

効果的な不眠症対策として効果的とされている方法が多数紹介されています。そして、そのなかの一つとしてツボ押しを挙げることができます。

 

ここで取り上げる方法を参考にしてやってみるのもよいでしょうし、ツボ押しの施術をおこなっている専門家のもとを訪れるのもよいでしょう。

 

主に手足のツボ、わかりやすいところにあるものを挙げますので、眠りの問題に悩まされている人はやってみてください。

 

手のツボ

 

不眠症にいいツボで手にあるものとしては、内関(ないかん)を挙げることができます。手のつけねのところには脈打っているところがありますが、そこには横に線があります。

 

この線から指三本分腕側のほうへといったところに、内関のツボはあるのです。軽く手首をつかむようにし、親指の腹でやさしくツボを押してあげると効果的でしょう。

 

力強くやったからといって効果が高まるようなものではありませんので、やさしく圧迫することが大切です。

 

足のツボ

 

足のツボのなかで不眠症にいいといわれているのは、失眠(しつみん)と呼ばれるツボです。このツボは足の裏にあり、かかとの真ん中に位置しています。

 

失眠は親指を使用して指圧しますが、軽くやった程度では刺激を感じません。そのため、内関を刺激するときとは異なり、ある程度力が要ります。

 

刺激が加わっているとツボ押しをしている場所が感じられるぐらいに力を入れて、しっかりとツボ押しをしてあげることが大切といえるでしょう。