不眠症の種類・分類・タイプ

一口に不眠症といっても、さまざまな種類があるのをご存知でしょうか。タイプ別の不眠症というのがあって、それぞれに異なる特徴を示すのです。

 

ここでは、不眠症を分類して紹介していきますので、興味のある人や現在、睡眠に関するトラブルを抱えている人は自分がどれに該当するのか確かめるためにお役立てください。

 

入眠障害

 

この不眠症の種類は、布団に入っているにもかかわらず、なかなか眠ることができないのが特徴です。寝付きが悪くなり、疲れやストレスが溜まってしまいます。

 

熟眠障害

 

熟眠障害は眠り自体には就くことは可能です。しかしながら、睡眠の質が非常に悪くなってしまうというのが特徴なのです。

 

それなりの時間は眠っているにもかかわらず、熟睡できた、快眠できた、体と頭が休まったという充足感を得ることができなくなるのがこのタイプの不眠症なのです。

 

中途覚醒

 

通常、睡眠に問題を抱えていない人というのは、いったん眠りに就くと翌朝まで目が覚めることなく、グッスリと寝ています。

 

この種類の不眠症は、深い眠りに就くことができないのが厄介なところです。睡眠が浅いために何回も途中で起きてしまい、心身共に休まらないのが特徴といえるでしょう。

 

早期覚醒

 

早期覚醒タイプの不眠症は、眠ることができたとしても、起きるタイミングに問題があるのが特徴です。

 

いったん眠りに就いても、早朝の時間帯に目が覚めてしまうため、睡眠の時間が短く、質も低下してしまうのが厄介なところです。